そうだ 制御盤 つくろう!?

こんにちは! 吉村電機です。 

今回はホームページのトップ画面のタイトルについてのお話。どうしてこのタイトルにしようと思ったのか、タイトル誕生の経緯と理由についてお伝えしますので興味を持っていただけるとうれしいです。


タイトルの誕生

トップ画面のタイトルに、見覚え聞き覚えがあるような、ないような…

2020年某日、私たちはホームページをリニューアルするにあたり話し合っていました。みんなで「こういうのはどうだろう」「もっとこういう方がいいんじゃないか…」等、それぞれアイデアを出し合っていました。

話し合いの中でホームページを訪問してくださった方に対して、まずトップ画面を見ただけで何をしている会社か伝わることが大切で、さらに会社に興味を持っていただけるような、キャッチーなフレーズがあるといいなと思いながら考えていました。すると、「そうだ、制御盤をつくろう」はどう?と、ひとりからアイデアがでてきました。目の前にあった制御盤をみて、ぱっと言葉が浮かんだように私にはみえました。どこかで聞いたようなフレーズだしどうだろうと初めは思いましたが理由を聞いて、共感の気持ちとともにフレーズに愛着がわき、全員一致で決定となりました。

タイトルの理由

制御盤製作や配線に興味のある方と私たちが一緒に配線を楽しめたらと思ったから。

タイトルの理由について詳しく聞いてみました。すると普段は電気とは全く別の仕事をしているけれど、実は学生の頃から電気のことが好きで趣味としていたり、あるいは社会人になってから電気のことに関して興味を持ち始めて、独学で勉強していたり、そのような方たちと私たちがつながり楽しい時間を共有したり、ワクワクするようなことができたらいいと思ったからということでした。

「そうだ 制御盤 つくろう」のフレーズには、当社の特徴である制御盤製作と、制御盤製作に興味のある方に対しての呼びかけ、2つの意味をもたせています。

吉村塾

株式会社 吉村電機では、わざわざ学校に通うほどではないけれど、参考書やインターネット検索では必要な答えが見つからなかったり、学問的な部分だけではなく、現場で経験することで得る知識や情報などシェアできたらと思っています。学校では一から十まで習わないといけないことも、必要としている知識・技術をわかりやすく部分的に伝えることが可能です。疑問、質問、受け付けています。

当社では配線の指導も行っております。

「趣味で何かを配線してみたい!」

「配線のノウハウを知りたい!」

「図面や知識ははあるが場所や道具がない…」

「車関係の配線を自分でやってみたい!」

まずはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

小型制御盤製作動画公開中!ぜひチェックしてみてください。

YOUTUBEはこちら

 

制御盤の最新記事8件

>OTSGroup

OTSGroup

『こういうのがあったらいいな』『ここをもっとこうしたい』の声を大切に。     OTSGroup・吉村電機にしかできない仕事がある。

CTR IMG