グループ会社で社員旅行

私たちは福利厚生の一環として大体2年に1度グループ会社全体で社員旅行に行きます。目的はもちろんリフレッシュ効果!だけではなく、旅行中に社員同士で新たな気付きが得ることであったり、より深くコミュニケーションをとっていくことをひとつの目的としています。

2017年3月は石垣島に行きました。

リフレッシュしたいなと感じてみなさんが頭に思い浮かぶ場所とはどこでしょうか。海?それとも山?自然?いろいろありますよね。インターネットの検索窓で「国内 リゾート 海」と入力した場合、かなりの確率で「沖縄」がヒットすると思います。リフレッシュと言えば沖縄!そのくらい人気がある場所です。今回は海と自然が満喫できる「石垣島」に行くことになりました。

石垣島基本情報

八重山列島 石垣島 は沖縄本島から南西に410km先に浮かぶ島です。本島から飛行機で約1時間の距離にあります。石垣島では自然が多く残っているため、島独特の雰囲気を感じることができ、その場所にいるだけで頭も心もリラックスできます。自然を楽しむマリンアクティビティも人気です!石垣島はシュノーケリングでも有名です!

石垣島の魅力「楽園」

大自然を体感できることはもちろん、めったにみることのできない青いエメラルドグリーンの海、浜辺の白い砂、南国感ある植物やお花、まさにイメージどおりの南国が体感できます。リラックスもできリフレッシュもできアクティビティも叶う「THE 楽園」です。

南ぬ島石垣空港

空港に降り立った瞬間から南国感あふれる雰囲気を感じられます。
川平湾

エメラルドグリーンの海は絶景です。一度は行ってみてほしいです。「グラスボート遊覧」はボートの底が透けているので船に乗ったまま、珊瑚やたくさんの魚を見て楽しむことができるのでおすすめです。「ニモ(カクレクマノミ)」がみれてうれしかったです!がしかし、“ニモ”は本当はカクレクマノミではなく“クラウンアネモネフィッシュ”とのこと。私が見たのはニモではなかったようです。
米原ヤエヤマヤシ群落

石垣島と西表島にしか生息しない「固有種」という非常に珍しいヤシ、国指定特別天然記念物。
空高く伸びるヤエヤマヤシ

“世界で最も美しいヤシ”と称されるヤエヤマヤシが150本ほど自生。
マイナスイオンをたくさん浴びて自然からエネルギーをもらえます。
石垣島の道

ビルなど高い建物がないので空がひろーく感じます。

番外編(竹富島)

石垣島から船に乗り竹富島へ

水牛車観光

車では通れないような細い道も水牛が観光客を乗せ歩いて案内してくれます。
ただし水牛さんペースの為、いきなり立ち止まったりするところがとても愛らしかったです。
竹富島民家とブーゲンビリアとシーサー

どの家をみても屋根の上にシーサーがいます。シーサーは沖縄に古くから伝わる守り神。
星砂浜

小さい頃に星の砂が入ったキーホルダーを持っていたので、実際に目の前で星の砂が見れて感動!でしたが、星の砂って実は有孔虫の殻だそうです。その名も「バキュロジプシナ」。ずっと砂だと思っていました。現実を知った気持ちは複雑です。

2018年12月はベトナムへ

ベトナムは急成長を遂げている国です。ベトナムのホーチミンに グループ会社 OTS DEVICE VETNAMがあります。

ODVはベトナム現地法人です。CAD設計・製図・作図を行っています。グループ企業との連携対応でお客様に安心・安価なサービスをの提供する会社です。

会社訪問では通常業務の中で電話やメールでやりとりをしている担当者に、直接会ってお話をする機会がありとても楽しかったです。ホーチミンの気候のようにあたたかい人たちばかりでした。やはり直接会ってお話しをすると人柄も伝わりより親近感が湧きました。2019年完成予定の工場の見学もしました。

ベトナム工場
私たちが見学したときはまだ未完成でしたが、中はとても広く感じました。工場では打ち合わせから設計・製造・販売・サービス全て対応可能です。

ここでベトナムの基本情報とともに、旅行中の写真を少しだけご紹介したいとおもいます。

ベトナム基本情報

ベトナム社会主義共和国は東南アジアに位置します。ベトナムは中国、フランスの支配を受けていました。ベトナム戦争終結後、1976年にベトナム社会主義共和国として誕生しました。

首都はハノイ

ベトナムの首都はハノイということをご存知でしたか?ホーチミンという名前の方が聞き覚えがあると思うので、首都はホーチミンと思われるかとも多いと思います。ベトナム革命を指導した建国の父はホー・チ・ミンさんです。北ベトナムが南ベトナムを攻略したため、ベトナムの首都はハノイとなりました。

ベトナムの主な都市

北部はハノイ、ハイフォン、中部はダナン、南部にホーチミン、カント があります。ハノイは中国文化の影響が残っていたり、最大の都市ホーチミンはフランス統治時代の雰囲気が街の中で感じられます。ダナンはリゾート地として近年旅行先として大変人気があります。

公用語

言語はベトナム語です。ベトナム語は6つ声調がありイントネーションが変わるだけで意味が変わります。いくつも声調がある場合、第二言語としてベトナム語を習得することは非常にハードルが高く感じてしまいます。

日本語も同じように児童(じどう)と自動(じどう)でアクセントが違い意味が変わってくる単語もあります。イントネーションの地域差はあると思いますが、縁(えん)と円(えん)のようにアクセントは同じで意味が違うこともあります。この場合、会話の流れでどちらの意味か判断したり漢字で判断することも多々あります。実はベトナム語も現在のアルファベット表記の前はベトナムの公式の文字は漢字だったそうです。ベトナム語は単語を覚えることよりも独特の発音の習得の方がむずかしそうです。

時差

ベトナムと日本では2時間の時差があります。“おやつの3時”はベトナムで午後1時です。あまり時差がないので時差ボケを感じるほどではないと思います。個人差はあります。

ホーチミンの交通事情

とにかくバイクに乗っている人がたくさんいました。日本ほど公共交通機関が整備されていなこと、車をもっている人が少ないことが理由のようです。
ホーチミン人民委員会庁舎

夜にみんなで食事をしたあとにホテルまで歩いているとライトアップされたきれいな建物が目にはいりました。ホーチミンを代表する建物の一つです。
タンディン協会

フランス統治下時代にキリスト教が広く普及したため、教会がいくつかあります。近年では有名なサイゴン大教会よりも“ピンクの教会”としてSNS上で人気のフォトスポットとなっています。
ベトナム雑貨店

ベトナムといえば雑貨というくらい、かわいいおしゃれな雑貨屋さんがあります。刺繍小物やかご、バッチャン焼、漆器などたくさんありました。とてもかわいかったです。

いかがでしたか?社員旅行ではリフレッシュだけではなく新たな発見や新しいことを学ぶチャンスがあったりとてもいい機会だと思っています。過去の社員旅行を思い出してみると石垣島もベトナムも楽しかった記憶しかないくらい充実しました。今現在は世界的に旅行がむずかしい状況となってしまい、旅行好きの人たちにとっては残念な状況が続いていますが、機会がありましたらぜひ行っていただきたい旅行先になります。おすすめです!

福利厚生の最新記事8件

>OTSGroup

OTSGroup

『こういうのがあったらいいな』『ここをもっとこうしたい』の声を大切に。     OTSGroup・吉村電機にしかできない仕事がある。

CTR IMG